MENU

仮説と目標と期限を定め、達成しなければ損切れ!

この投稿は、きちほーしが本を読んで得た知識を紹介し、実生活の教訓としてまとめたものです。

 

書籍から得た知識

TVプロデューサーの佐久間宣行さんは、書籍「ずるい仕事術」でこのようなことを語っています。

 

 

 

 

(要約)

薄くダラダラ失敗を続ける人は、損切りできない人。

努力せず、誰かが変えてくれることをただ待つだけになる。 

それを避けるためにKPIと期間を設けること。

例えば「3ヶ月でこの結果を出す!できなければ潔く撤退する!」など。

つまり「あらゆることに、仮説と目標と期限を定め、達成しなければ損切れ!」ということですね!

 

知識の転用

上記は「期限までに目標達成できなければ損切れ!」という教えです。

 

 これを転用すると「損切りを前提に期限を定めれば、これまで避けてきたこと、苦手だと諦めてきたことにもチャレンジできる」ということです。

結論

あらゆることに、仮説と目標と期限を定め、達成しなければ損切れ!

期限を決めれば苦手なことでもチャレンジできる!

↑いいなと思たらポチっと!