【16時間空腹ダイエットできるかな?】お菓子をほぼ毎日食べてしまいました -結果報告(22/10/01)-

きちほーしは16時間空腹ダイエット(ファスティング)にチャレンジしています。

このシリーズでは、16時間空腹ダイエットに興味ある方に向けて、きちほーしの取り組みと成果について報告します。

結果をもとに何が効果的で何がだめだったのか、きちほーしなりに考えたことをお話します。

今回は9月にダイエットし、10月1日に測定した結果についてお話します。

9月は世間的にとくにイベントはありませんでした。

ですがきちほーし個人的にはちょっとした事件があったのです。

はたして今回はどうなったでしょうか?

はじめに

どーも!きちほーしです!

きちほーしは1年以上16時間空腹ダイエットを続けています。

努力のかいあってピークの頃から目標体重と目標腹囲を達成しました。

 

ですがそれで満足して油断してると体重・腹囲が増えたりもしました。

ダイエットに終わりはないのです。

 

9月は世間的にとくにイベントはありませんでした。

ですがきちほーし個人的にはちょっとした事件があったのです。

はたして今回はどうなったでしょうか?

 

それでは結果をお話していきます。

関連広告

エルセーヌ
たっぷり70分!エステ体験【エルセーヌ】
エルセーヌの大幅減量ダイエット
メンズエステサロン【エルセーヌMEN】
メタボリック対策やヒゲ脱毛など、男の魅力を引き出すエステ体験実施中!
あなたのおうちがレストランに。肉に負けない野菜の旨味があるのに、1食108kcal~。野菜のスペシャリスト大平哲雄がプロデュースするオーガニックレトルト料理

関連投稿

16時間空腹ダイエットできるかな? カテゴリーの記事一覧 - 障害ある子の親きちほーし べんきょうできるかな?
障害ある子の親きちほーし べんきょうできるかな?

9月の振り返り

まずはこれまでの経緯を振り返っていきます。

これまでの成果

2021年の2月ごろから16時間空腹ダイエットを始めて、これまでの取り組みと結果はこのようになりました。

ただし、2021.3.8の腹囲は、測定ミスの可能性があります。

測定日 体重(kg) 腹囲(cm) 測定日までの取組
2020.7頃 76 94
2021.3.8 77 91 食事時間:12:00, 20:00,
ドローインエクササイズ:毎日5分
階段:毎日10階分往復(食後数時間後に実施)
腹囲は測定ミスの可能性あり
2021.4.12 74 94 食事時間:12:00, 20:00,
ドローインエクササイズ:ナシ
階段:毎日10階分往復(食後数時間後に実施)
その他:酒1缶, 缶コーヒー(糖分入)3-4本
2021.5.10 74 93 食事時間:12:00, 20:00,
ドローインエクササイズ:毎日10分
階段:毎日10階分往復(食後数時間後に実施)
その他:酒1缶, 缶コーヒー(糖分入)7-8本
2021.6.9 72 92 食事時間:8:00, 20:00,
ドローインエクササイズ:2日に1回10分
階段:毎日20階分往復(食事直後に実施)
その他:酒0缶, 缶コーヒー(糖分入)9-10本
2021.7.14 70 90 食事時間:8:00, 20:00,
ドローインエクササイズ:3日に1回10分
階段:毎日30階分往復(食事直後に実施)
その他:酒1缶, 缶コーヒー(糖分入)6-7本
2021.8.11 68.5 88 食事時間:8:00, 20:00,
ドローインエクササイズ:毎日10分
階段:毎日30階分往復(食事直後に実施)
その他:酒0缶, 缶コーヒー(糖分入)0本
2021.9.14 66.5 86.5 食事時間:8:00, 20:00,
ドローインエクササイズ:週に1回10分
階段:毎日40階分往復(食事直後に実施)
その他:酒0缶, 缶コーヒー(糖分入)7-8本。
間食(朝・夕食時以外の食事):2回。
2021.10.11 66 86 食事時間:8:00, 20:00,
ドローインエクササイズ:ナシ
階段:毎日40階分往復(食事直後に実施)
その他:酒1缶, 缶コーヒー(糖分入)2本。
間食(朝・夕食時以外の食事):1回。
2021.11.8 66 86 食事時間:8:00, 20:00,
ドローインエクササイズ:ナシ
階段:毎日50階分往復(食事直後に実施)
その他:酒0缶, 缶コーヒー(糖分入)0本。
間食(朝・夕食時以外の食事):0回。
食後のお菓子:10回以上
2021.12.8 64 84.5 食事時間:8:00, 20:00,
ドローインエクササイズ:ナシ
階段:毎日50階分往復(食事直後に実施)
その他:酒0缶, 缶コーヒー(糖分入)0本。
間食(朝・夕食時以外の食事):0回。
食後のお菓子:3回
2022.1.11 65 85.5 食事時間:8:00, 20:00,
ドローインエクササイズ:ナシ
階段:毎日50階分往復(食事直後に実施)
その他:酒1缶, 缶コーヒー(糖分入)5本。
間食(朝・夕食時以外の食事):3回。
食後のお菓子:10回
2022.2.10 65 85.5 食事時間:8:00, 20:00,
ドローインエクササイズ:ナシ
階段:毎日60階分往復(食事直後に実施)
その他:酒0缶, 缶コーヒー(糖分入)0本。
間食(朝・夕食時以外の食事):0回。
食後のお菓子:18回
2022.3.9 64.5 85.5 食事時間:8:00, 20:00,
階段:最初の1週間だけ毎日60階分往復。
ウォーキング:3週間だけ15分程度のウォーキング。
その他:酒0缶, 缶コーヒー(糖分入)0本。
間食(朝・夕食時以外の食事):0回。
食後のお菓子:1回
2022.4.11 63.5 84.5 食事時間:8:00, 20:00,
運動:朝食・夕食後20分程度のエアロビ。
その他:酒1缶, 缶コーヒー(糖分入)0本。
間食(朝・夕食時以外の食事):1回。
食後のお菓子:3回
2022.5.12 64 84.5 食事時間:8:00, 20:00,
運動:朝食・夕食後20分程度のエアロビ。
その他:酒0缶, 缶コーヒー(糖分入)0本。
間食(朝・夕食時以外の食事):4回。
食後のお菓子:8回
2022.6.10 64 85 食事時間:8:00, 20:00,
運動:朝食・夕食後20分程度のエアロビ。
その他:酒0缶, 缶コーヒー(糖分入)0本。
間食(朝・夕食時以外の食事):4回。
食後のお菓子:8回
2022.7.11 61 83 食事時間:8:00, 20:00,
運動:朝晩10分程度のヨガ+ウォーキング, 週2回のエアロビ, 週1回の筋トレ。
その他:酒0缶, 缶コーヒー(糖分入)0本。
間食(朝・夕食時以外の食事):0回。
食後のお菓子:3回
2022.8.1 60 81 食事時間:9:00, 20:00,
運動:朝晩10分程度のヨガ+7秒スクワット, 週2回のエアロビ, 週1回の体幹レーニング。
その他:酒0缶, 缶コーヒー(糖分入)0本。
間食(朝・夕食時以外の食事):2回。
食後のお菓子:4回
2022.9.1 62 82.5 食事時間:9:00, 20:00,
運動:ほとんどヨガのみ
その他:酒0缶, 缶コーヒー(糖分入)0本。
間食(朝・夕食時以外の食事):1回。
食後のお菓子:12回
きちほーしのダイエット記録

昨年の10月から今年の9月までをグラフにするとこんな感じです。

去年の12月から今年の6月にかけてはずーーーっと横ばい状態でしたが、7月・8月に入って急に減りました。

 

ちなみに2021年2月ごろにダイエットを初めてからのグラフはこんな感じです。

まぁまぁ右肩下がりですね。

 

 

9月はどんな生活をしてきたか?

事件1: 関節 痛っ!

9月前半までは朝食前と就寝前に1回ずつヨガをしていました。

しかしだんだん体に異常が出てきたのです。

なんだか関節のあちこちが慢性的に痛い!

 

原因に心当たりがあります。

それはヨガ!

 

特にひざ!

 

このポーズがひざを痛めていたのです。

三日月のポーズ!

 

頑張りすぎたのが仇になったようです。

事件2: お菓子が止まらない

何がそうさせたのでしょうか?

9月は何かと食欲が増し、ほぼ毎日食べていました。

1回の食事だけではモノ足らず、追加で何かを食べないと落ち着かない状態でした。

食後のお菓子1回分は例えばこんな感じです。

ちなみに上に挙げた全部が1回分じゃなくて、どれかが1回分ですよ。

運動: ヨガ+体幹レーニング中心 → 散歩+体幹レーニング中心

9月前半にヨガが原因で関節を傷めました。

そこで9月後半はヨガをやめて散歩とかに切り替えました。

 

そして朝食後・夕食後は2分間の体幹レーニングをしました。

これは9月全体にかけて毎日やりました。

 

さらに、たまに思いついた時に12分程度のエアロビもしました。

おそらく月2~3回程度だったと思います。

アスリート医師が教える 最強のアンチエイジング食事術51 運動術26 [ 黒田 愛美 ]

価格:1,540円
(2022/6/13 11:07時点)

食事:12時間空腹×朝食&夕食を継続。間食0。食後お菓子30。缶コーヒー(糖分入り)0本。お酒0。

12時間空腹×朝食&夕食を継続

9時と20時に食事を摂りました。

食事の内容は、だいたいこんな感じ。

[9時]

野菜(ほうれん草 or ナスのおひたし)・納豆・豆乳・ヨーグルト・肉魚(ハンバーグ or サーモン)・ごはん(食べる順に記載)。

[20時]

パートナーが夕食を作ってくれるのでまちまち。

 

食後のお菓子30回

お菓子は気がつけばちょうど30回!

こりゃ太っとるなぁ~~~。

 

10月1日の測定結果

さて、いよいよ本日の測定結果です。

今回は今までと測定の仕方を変えて、直近3日分の平均値です。

 

本日の測定結果は~~~~~???

それではまいりましょう。

 

 

どぅるるるるるるるる~~~~~~~~

 

 

 

じゃん!

 

 

 

 

 

体重62.1kg(+0.1kg), 腹囲81.5cm(-1cm)

腹囲は減った!

 

 

(つづく)

 

(参考)「空腹」こそ最強のクスリ

超有名なので説明は簡単にしますが、そもそも16時間空腹ダイエットとは、医学博士の青木厚さんが考案したダイエット方法です。

8時間食事術、すなわち1日に16時間以上食べない時間を作る食事法です。

「空腹」こそ最強のクスリ [ 青木厚 ]

 

(参考)眠れなくなるほど面白い 図解 糖質の話

急激な血糖値の上昇は糖尿病や認知症のリスクを高めます。

糖質の話はこちらの本をご参照ください。


眠れなくなるほど面白い 図解 糖質の話 糖質のギモンを専門医がすべて解説! [ 牧田 善二 ]

楽天 /Amazon

 

 

(参考)「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本

垣淵先生の本で「お酒は依存性の高いドラッグだ」「カロリーも高く体にもかなりの悪影響だ」ということを知って以来、きちほーしはお酒を飲まないようにしています。

詳しくは下記の本をご参照ください。


「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本

【本の紹介できるかな?】介護保険施設のサービスの現状2 居宅サービス・地域密着型サービス編 – 介護危機 ―「数字」と「現場」の処方箋3

このシリーズではでは、介護の諸問題について解説した書籍「介護危機 ―「数字」と「現場」の処方箋」について要約しつつ、時おり知的障害者支援とも比較してお話します。

そして前回の記事とこの記事では介護保険施設のサービスの現状についてお話します。

今回は、「居宅サービス」および「地域密着型サービス」についてです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

介護危機 「数字」と「現場」の処方箋 [ 宮本剛宏 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/7/20時点)

楽天で購入

 

 

アイスブレイク

今週のお題はてな手帳出し」)

アイスブレイクではきちほーしのことをよく知ってもらうため、はてなブログの「今週のお題」をヒントに、本題と少し外れたお話をします。

今週のお題は「手帳」です。

 

手帳のお題はまだ続くんですね^^;。

手帳もってないんですよねぇ^^;。

 

強引ではありますが、手帳的に使っているカレンダーアプリについてお話します。

きちほーしはJorteというカレンダーアプリを使っています。

これはPCでWebアクセスしても使えるのですが、最近気づいたことがあります。

 

それは、PCで入力した内容はスマホアプリに反映されない!

逆にスマホアプリで入力した内容をPCで確認することはできるのですが、その逆ができない!

なんで~?Jorteさんなんでそんな意地悪するの~?

なんとかして~!

 

はじめに

心配性のきちほーしが憂う!障害者支援施設は安心!?

どうも!きちほーしです!

きちほーしの子キチノは知的障害があります。

いずれ障害者支援施設などにあずける日が来るでしょうが、サービスの基盤である事業者の経営に無理が生じればサービスの低下につながります。

そこで心配性のきちほーしは、介護の諸問題について扱った書籍「介護危機 ―「数字」と「現場」の処方箋」を読みました。

障害者支援と介護は異なりますが、認知力や判断力が弱い人を支援するという点で共通しており、問題点も共通していそうだからです。

 

このシリーズでは、この書籍について、その概要と、きちほーしが参考になったところをピックアップし、要約して紹介します。

今回は介護保険サービスの内、「居宅サービス」と「地域密着型サービス」についてです。

本記事の範囲

この記事では第1章「介護業界の現場で起きていること」の1部を要約してお話します。

介護保険サービスの種類

介護保険サービスには以下の3種類があります。

  • 施設サービス: 介護保険施設のサービス
  • 居宅サービス: 介護保険施設以外のサービス
  • 地域密着型サービス: 市町村が指定・運営を行うサービス

居宅サービスの現状

介護保険では介護保険施設以外の介護サービスを居宅サービスと言います。

そのため有料老人ホームも施設によるサービスではありますが、介護保険施設ではありませんので施設サービスには分類されません。

書籍では居宅サービスをさらに分類し、施設を使ったサービスと、在宅のサービスの2つに分けています。

そしてさらに在宅のサービスも分類し、施設に一時滞在したり通所するサービスと、介護士・看護士が自宅に訪問するサービスとに分けています。

きちほーしはこれらを参考に居宅サービスを次のように分類しました。

  • 居宅サービス長期施設系: 利用者が施設を長期的に利用するサービス
  • 居宅サービス一時施設系: 利用者が施設を一時的に利用するサービス
  • 居宅サービス在宅系: 利用者が自宅で利用するサービス

居宅サービス○○系というのは全てきちほーしの造語です。

以下では居宅サービスについて詳しくお話します。

居宅サービス長期施設系

ここでは居宅サービス長期施設系についてお話します。

これは介護士が常駐する施設に利用者が居住するサービスです。

居宅サービス長期施設系は、介護付き有料老人ホームと、サービス付き高齢者向け住宅があります。

  • 介護付き有料老人ホーム
    • 24時間介護スタッフが常駐し、掃除や洗濯など身の回りの世話や、食事、入浴、排せつなどの介助サービスが受けられる介護施設(*きちほーし調査)
    • 都道府県の指定を受けているもの、受けていないものがある
  • サービス付き高齢者向け住宅
    • 国交省基準で設計されたバリアフリーの高齢者向け賃貸住宅
    • 職員が1日1回の安否確認を行う
    • 訪問介護事業所・通所介護事業所が併設されているケースが多い
    • 筆者の所見では「住み慣れたわが家・地域」とはかけ離れた印象のある施設もある

居宅サービス一時施設系

居宅サービス一時施設系の利用者は、基本的に在宅で介護を受けます。

居宅サービス一時施設系は、さらにショートステイとデイサービスに分かれます。

  • ショートステイ(短期入所生活介護
    • 介護対象者が一定期間施設に滞在する介護サービス
    • 普段在宅介護を受けていて、家の介護者の不在・休暇の際に利用すると良い
  • デイサービス(通所介護
    • 朝夕の送迎で施設に通う
    • 食事や入浴などの介助を受ける

これら2つのサービスはこれまでの介護報酬改定改訂によって単価がどんどん下げられ、多くの小規模事業所が廃止したそうです。

居宅サービス在宅系

居宅サービス在宅系は、介護士・看護士が自宅に訪問していろいろなサービスを提供します。

居宅サービス在宅系は、訪問介護訪問看護があります。

  • 訪問介護
    • ホームヘルパーが自宅を訪問し介護サービスを提供
    • 食事介助・排泄介助
    • 掃除・買い物・調理・洗濯などもある
  • 訪問看護
    • 定期的に看護師が自宅を訪問して医療的な管理を提供
    • 床ずれ処置、入浴介護など
    • 医師の訪問診療とセットになることが多い

これまでの介護報酬改定によって単価がどんどん下げられていきました。

そしてこれまで介護保険の給付対象だった「介護予防訪問介護」「介護予防通所介護」も介護保険給付から外されることになりました。

地域密着型サービスの現状

地域密着型サービスとは2006年に新たに開始された、市町村が指定・監督を行う介護保険サービスのことです。

(*きちほーし調査)地域密着型サービスはさらに、小規模多機能居宅介護と、定期巡回・随時対応型訪問介護看護に分類されます。

  • 小規模多機能居宅介護
    • 通所を中心とする小規模施設によるサービスです。
    • ショートステイもできます。
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
    • 介護・医療が連携して定期的な巡回や随時通報への対応を行うサービスです。
    • 1日複数回の利用が可能で、24時間365日対応です。
  • その他
    • 小規模多機能居宅介護と定期巡回・随時対応型訪問介護看護を組み合わせることも可能

定期巡回・随時対応型訪問介護看護については事業所側には収益性が低く、多くの事業者がサービスを廃止しました。

おわりに

まとめ

いかがだったでしょうか?

このシリーズでは、知的障害者支援の問題点を知りたいきちほーしが、似たようなサービスと思われる介護の問題点について調べています。

そしてこの記事では、介護問題について書かれた書籍「介護危機 ―「数字」と「現場」の処方箋」の中から、「居宅サービス」および「地域密着型サービス」の現状についてお話しました。

  • 居宅サービスの分類
    • 介護付き有料老人ホームのような施設がある居宅サービスは以下の3つがある(*)
    • 長期施設系: 介護士・看護士が常駐する施設に利用者が居住する
    • 一時施設系: 介護士・看護士がいる施設に利用者が一時的に滞在もしくは通所する
    • 在宅系: 介護士・看護士が利用者宅を訪問する
      (*)分類はきちほーしが書籍を参考に独自に分類
  • 居宅サービスの現状
    • 介護報酬改定改訂によって報酬単価がどんどん下げられ、以下のような影響が出た。
    • 一時施設系は廃止が相次ぐ
    • 在宅系の「介護予防訪問介護」「介護予防通所介護」は介護保険給付から外された
  • 地域密着型サービスの分類
    • 小規模多機能居宅介護: 通所を中心とする小規模施設によるサービス
    • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護: 介護・医療が連携して定期的な巡回や随時通報を行う
  • 地域密着型サービスの現状
    • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護は収益性が低く、多くの事業者がサービスを廃止

感想

前回は施設サービス、今回は居宅サービス、地域密着型サービスについてお話しました。

施設サービスは補助金により財政負担がかなり大きく、緊縮が進んでいることは前回お話しました。

居宅サービス一時施設系は廃止が相次ぎ、在宅系でも介護保険の給付対象から外されるサービスも出ました。

比較的新しい地域密着型サービスは、他のサービスより簡素な印象があります。

新しいということは行政は地域密着型サービスのような簡素なサービスに移りたがっているということだと思われます。

 

きちほーしには介護サービスの質がどんどん低下している印象を受けました。

 

この現状が介護だけの話ではなく障害者支援も同じなのではと思うのは、きちほーしが心配性だからでしょうか?

なんとかきちほーしの心配を払拭していきたい。

そのためにきちほーしに何ができるのか?考えていきたいと思います。

ではまた!

 

(参考)書籍概要

タイトル

介護危機―「数字」と「現場」の処方箋

発売日

2017/6/14

著者

宮本 剛宏

概要

介護人材の不足、行政の財源不足の2つの問題が叫ばれる今、介護の自己責任が問われはじめている。
大きな選択肢となるのは「自宅か施設(老人ホーム)か?」。
全ての人が「最期まで自宅で過ごしたい」という願いを実現できるわけではない。

介護業界における問題の本質を暴き、豊富な現場データと実体験をもとに、個人・行政・企業が取組むべき処方箋を提言。

目次

◆第1章 介護の現場で起きていること―介護職の声と顧客データから何がわかるか―
◆第2章 なぜ、介護職12万人、財源1.5兆円が不足するのか
◆第3章 毎年5割成長する介護企業の秘密
◆第4章 こうすれば介護の人材・財政不を解消できる
◆第5章 それぞれの「希望」をかなえるビジネスモデル

【知的障害者向け訪問介助】介助者はどこまでしてくれてどこまで配慮してくれるのか?(1/2) – 書籍「ズレてる支援!」2

このシリーズでは訪問介助の実態について書かれた書籍「ズレてる支援!」についてグッと要約してお話します。

この書籍の内容を理解することで、知的障害者の介助とはどんな仕事なのか?介助という仕事に問題点はないのか?これらを探りたいと思います。

 

今回は訪問介助に関わる介助者が具体的にどんな介助をするのかお話します。

 

 

 

アイスブレイク

今週のお題はてな手帳出し」)

アイスブレイクではきちほーしのことをよく知ってもらうため、はてなブログの「今週のお題」をヒントに、本題と少し外れたお話をします。

今週のお題は「手帳」です。

 

紙の手帳については本当に使いません^^;。

企業の展示会に行くとたまーに手帳をもらったりすることはあります。

そんなときはメモ用紙として使ったりします。

やっぱりスマホで書くより早いんですよね~。

 

メモ用紙として使うので印刷されてる日付とかガン無視です(メーカーの人ごめんなさい^^;)。

 

はじめに

どーも!きちほーしです!

きちほーしの子どもキチノは知的障害があります。

この子は親なき後誰かの介助を受けながら生きていくことになるでしょう。

 

しかしきちほーしは介助者が具体的にどんな介助をするのか知りません。

それ故不安なのです。

知的障害者向けの訪問介助とはどんなサービスなのか?

そして介助という仕事に問題点はないのか?

 

このシリーズでは訪問介助の実態について書かれた書籍「ズレてる支援!」についてグッと要約してお話します。

今回は、訪問介助の介助者が、具体的にどんな介助をしてどんな配慮をしてくれるのかについてお話します。

 

本記事の範囲

この記事では「まえがき」と「第1章 生活・支援の実際」の一部を要約してお話します。

どんな介助をしどんな配慮をしてくれるのか

一口に知的障害者と言っても、障害の重さやできることできないことはバラバラですし、性格もバラバラです。

そのため介助の範囲もバラバラになりますし、配慮すべきこともバラバラです。

 

ここではどのような介助のパターンがあるのか、どのようなことに配慮してくれるのか、お話します。

 

主な介助は、食事の支度、健康管理、掃除・洗濯、排泄、金銭管理になります。

食事の支度

介助の内容

介助者の基本は見守りです。

したがって障害者本人ができないことの補佐に徹します。

補佐のパターンはこんな感じです。

 

  • 皿洗いがうまくいっているか、火の元は大丈夫かなどを見守ります。
  • 障害者本人がメニューを決めたあと、買うべき材料を教えることもあります。
  • 調理や味付けは本人に任せますが、横からちょいちょい手をだすこともあります。

必要な配慮

知的障害者はコミュニケーションが苦手です。

思ったことを相手に伝えることができません。

そのため介助者はいろいろなことを察してあげなければなりません。

 

例えば障害者本人が毎日同じメニューを選ぶ場合があります。

この理由は以下のようにさまざまです。

  • 知的障害者にありがちな偏食であることが原因であることもあります。
  • 違うメニューにしたいことを介助者に伝えられない場合もあります。
  • 調理を別の時間帯に来る他の介助者にしてほしい場合もあります。

このように、介助者は障害者本人の意図を配慮して対処しなければなりません。

健康管理

介助の内容

健康管理も以下のようないろんな介助があります。

  • 知的障害者は体調が悪化しても仕事を休もうとしない場合がありますので、それをフォローします。
  • 病院では本人が症状を伝えらことは困難なので、介助者が普段との様子の違いを伝えます。
  • てんかんの発作を抱える障害者もいますので、その場合は薬の服用の介助をしますし、医者と連携して対応することもあります。

必要な配慮

介助者は以下のようなケースがあることを想定して介助しなければなりません。

  • 知的障害者は風邪などで体調が悪くなっても、それが病気だと認識できていない場合があります。
  • また病気だと認識できても言葉に出せない場合があります。
  • 言葉に出せても「仕事を休んではいけない」という思いが勝って休めない場合があります。
  • てんかんについても発作の頻度はまちまちで、数年間発作がおこらない場合もあれば、毎月起こる場合もあります。

掃除・洗濯

介助の内容

食事の支度と同様に、掃除・洗濯についても、介助者の基本は見守りです。

そして、掃除・洗濯の頻度やどこまできれいに掃除するかについては、障害者本人がきれい好きかそうでないかによって違います。

週何日掃除して週何日洗濯するのか、多少汚くてもよいのかかなりきれいじゃないとダメなのかさまざまです。

 

そのため介助者が介助する範囲も実にさまざまです。

例えば下記のようなパターンがあります。

  • 洗濯をする日時を本人が決め、介助者が実行する
  • 洗濯を本人が、掃除を介助者が実行する
  • 洗濯物を干すまでは本人が、干した後のフォローを介助者が行う
  • 本人の部屋を本人が、それ以外を介助者が掃除する
  • 天気などの状況に応じて物干しする/しないの判断を補佐する

必要な配慮

やはりコミュニケーションの問題で介助者はいろいろな配慮が必要です。

 

介助者は障害者本人の意図を察して介助しなければなりません。

 

例えば掃除しないまま放置している場所があったとします。

放置の理由も以下のようにいろいろあるのです。

  • 本人の好みでそうしている場合もあります。
  • 掃除の要望の出し方がわかっていない場合もあります。

 

また、介助者が洗濯しようとすると「ダメ」と言われて制止される場合もあります。

慣れてないと嫌われているのかと落ち込んでしまう介助者もいるようですが、「ダメ」の理由もさまざまなのです。

  • 洗濯したくないから
  • 介助者を嫌っているから
  • 別の時間帯に洗濯してほしいから
  • 別の介助者に洗濯してほしいから

介助者はこういったことも配慮していきます。

排泄

介助の内容

書きづらかったのか書籍には詳細に書かれておらず、

「介助者は本人の清潔と羞恥心に配慮して淡々と対応します。」

としか書かれていません。

(ちなみに知的障害者の全員が排泄できないわけではありません)。

 

ただやっぱり配慮は必要なのです。

必要な配慮

一口に排泄できないといってもいろんな原因があります。例えば下記のようなものです。

  • 本人の身体機能の問題
  • 自宅以外のトイレを使っていいかわからず漏らしてしまう
  • なれない場所でトイレがどこにあるかわからず漏らしてしまう
  • 自宅以外でも使用するトイレを決めてしまっている
  • 排泄はできるが水を流すことが苦手

介助者は障害者本人がどのパターンなのか把握してなければなりません。

金銭管理

介助の内容

金銭管理についても役割分担はさまざまです。

買い物に同伴する場合でも、誰が財布をもつか、誰が支払いをするか、以下のようないろんなパターンがあります。

  • 日常的な買い物で、財布を持ち歩くのが本人 / 介助者どちらかの場合がある
  • 日常的な買い物で、支払い(金銭を店員に渡すこと)が本人 / 介助者どちらかの場合がある

買い物以外にも以下のようにいろいろ支援することがあります。

  • 介助者はお金を使った場所・目的が明らかになるように、なるべくレシートをとっておく
  • 介助者は家の出納簿に毎日会計をつけ、本人や前後の介助者にわかるようにしておく

介助者だけでなく以下のように支援者(*1)が関わることもあります。

  • 日常的な買い物など少額の支払いは本人が、家賃・光熱費など高額の支払いは支援者が代行する
  • 支援者が財産を管理し、生活費を1ヶ月分 / 1週間分 / 1~2日分支給する

(*1)同書籍では「介助者」「支援者」という単語が分けて使われていますが特に定義はされていません。きちほーしの推測ですが、介助者は障害者の身辺自立を支援する人、支援者は障害者の財産管理など身辺自立以外の支援をする人と思われます。

(つづく)

 

 

書籍概要

 

タイトル

ズレてる支援!――知的障害/自閉の人たちの自立生活と重度訪問介護の対象拡大

発売日

2015/11/5

著者

寺本 晃久, 岡部 耕典, 岩橋 誠治, 末永 弘

概要

「支援」は、〈そもそも〉〈最初から〉〈常に〉ズレている! 『良い支援?』刊行から7年。使わせてと訴えた「重度訪問介護」の対象拡大が実現する中、あらためて問われているものとは何か! 支援を使って、地域で自立した暮らしをしている人がいること。集団生活ではなく一対一の支援をモデルにすること……「支援」と「当事者」との間の圧倒的なズレに悩み惑いつつ、そのズレが照らし出す世界を必死に捉えようとする「身も蓋もない」支援の営みの今とこれから!

目次

まえがき ─── 寺本晃久

第一部 ズレてる支援

第1章 生活・支援の実際 ─── 寺本晃久

第2章 何を基準にして支援するか ─── 寺本晃久

第3章  亮佑の自立と自律 ─── 岡部耕典

第4章  ズレてる支援/おりあう支援 ─── 岩橋誠治

第5章  支援は常にズレている ─── 末永 弘

第二部  重度訪問介護の対象拡大と生活の実際

第6章  重度訪問介護という枠組み ─── 寺本晃久

第7章  東京の北多摩地域の事例から ─── 末永 弘

第8章  「重度訪問介護の対象拡大」の経緯とこれからのために ─── 岡部耕典

第三部 次につなげる

第9章  重度訪問介護の対象拡大を重度知的当事者の自立生活支援につなげるために ─── 岩橋誠治

第10章  パーソナルアシスタンスという〈良い支援〉 ─── 岡部耕典

第11章  将来の支援の担い手について ─── 末永 弘

あとがき ─── 寺本晃久

【DAOできるかな?】Web3とWeb3の用語を理解しよう! - 書籍「Web3とDAO 誰もが主役になれる「あたらしい経済」」

このシリーズでは、Web3とDAOについて解説した書籍「Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」」についてグッと要約してお話します。

Web3やDAOに興味があるけれどよくわかっていないという人はぜひ一読ください^^。

今回はWeb3とはなにか。Web3を理解する上で必要な用語についてです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」 [ 亀井 聡彦 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2022/9/21時点)

楽天で購入

 

 

アイスブレイク

今週のお題はてな手帳出し」)

アイスブレイクではきちほーしのことをよく知ってもらうため、はてなブログの「今週のお題」をヒントに、本題と少し外れたお話をします。

今週のお題は「手帳」です。

 

なんか以前もこのお題がありましたね^^;。

きちほーしはIT人間なので紙の手帳というのはめったに使いません。

手帳のようなものとなるとスマホになっちゃいますね~。

 

スマホでも手帳のようなアプリはたくさんありますが、きちほーしが十分満足できるようなアプリはまだまだなかったりします。

まさにこんなときに手帳アプリを作るDAOを立ち上げるのかもしれませんね^^。

はじめに

どーも!きちほーしです!

きちほーしは最近DAOというものに興味があります。

DAOとはネットサービスを提供する新しい形態の組織のことです(※過渡期であるため定義は定まっていないようです)。

これまでネットサービスはGoogleFacebookなどの巨大企業が提供してきました。

DAOもネットサービスを提供するのですが、その組織は世界中の不特定多数のメンバーで構成されているのです。

 

なにか事業は起こしたいけどリーダーには向いていない。

そんなきちほーしにピッタリな予感がするのです^^。

そしてこのDAOはWeb3という新しい概念の枠組みの一つであります。

 

そこできちほーしはWeb3とDAOについて解説した書籍「Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」」を読んで勉強しました。

本シリーズではこの書籍についてギュッと要約してお話します。

 

今回はイントロダクションとしてWeb3とはなにかについてお話します。

またWeb3を理解する上で必要な専門用語の定義についてまとめてみました。

Web3とはなにか?

Web3はWebのバージョン3のことです。

Web3を理解するために、Web1、Web2、Web3の特徴を順番にお話します。

ただし、Web3も過渡期であるためその定義はバラバラなんだそうです。

ここに挙げるのは定義の一例として捕えてください。

Web1

Web1は1980年~1990年頃のインターネット黎明期のサービスです。

特徴

おおまかに言うとWeb1の特徴はこんな感じです。

  • 提供されるコンテンツはテキストが中心
  • コンテンツ受発信できる端末はPC一択(*1)
  • コンテンツは企業やITに詳しい限られた人しか発信できない

(*1)コンテンツ発信できる端末は正確には「サーバ」という大型のPCのようなものなのですが、ここでは「PC」と表現しています。

有名なサービス

GoogleやYahooのような検索エンジンサービスが躍進しました。

Web2

Web2は1990年後半から現在にいたるまでのサービスです。

特徴

Web2の特徴は大まかに言うと以下のとおりです。

  • 画像や動画も提供できるようになった
  • コンテンツ受発信できる端末はPC・ゲーム機・スマホなど多岐にわたる
  • 誰もがコンテンツを相互に受発信できるようになり、ユーザ同士のコミュニケーションも活発になった
  • プラットフォーム(コンテンツ配信や金銭授受ができる環境)はプラットフォーマーと呼ばれる企業が所有するデータセンタが提供する

有名なサービス

Youtube, Instagram, Twitterなど、個人がテキスト・画像・動画を発信できるSNSサービスが躍進しました。

問題点

Web2には下記のような問題点があります。

  • GAFAのようなコンテンツ配信や金銭授受ができる環境を提供する巨大プラットフォーマーが市場や個人情報を独占している
  • 実質的にユーザの選択肢は限定され、ユーザはプラットフォーマーが定める個人情報の取扱ルールや利用ルールに従わざるを得ない
  • プラットフォーマーが集めた個人情報を不正に利用する事件も発生した
  • ユーザは企業の倒産などでプラットフォームが停止するリスクを伴う

Web3

そして近年Web2の問題点を解決するWeb3が誕生するようになりました。

特徴

  • コンテンツ受発信や金銭授受の環境(プラットフォーム)はそれに参加する世界中の個人PCが共同で提供する
  • プラットフォームの利用ルール等はプラットフォーム参加者の投票で決まる
  • 個人情報やコンテンツは、暗号化されてプラットフォームに参加している世界中の個人PCが共同で管理する
  • プラットフォームが停止してもコンテンツを別のプラットフォームで使用できる仕組みもある
  • 個人がユーザであると同時にプラットフォームの提供者として参加することができる

有名なサービス

ビットコイン, イーサリアムなどの暗号資産や、DeFiという銀行のようなサービス、NFT、DAOなどがある

 

Web3用語集(ユーザ目線)

ここではきちほーしが解釈したWeb3の用語について記載します。

飽くまでもきちほーしが解釈したユーザ目線の用語定義で、技術的な用語定義とは異なりますのでご注意ください。

プラットフォーム

コンテンツ受発信や金銭授受など様々なサービスが実現できる環境。

Web2ではYoutubetwitterがこれにあたる。

ブロックチェーン

世界中の個人PCが共同でプラットフォームを提供・運営できる自律分散システム。

トランザクション

ブロックチェーン上の台帳。例えばAからBへ暗号資産がいくら移動したかが記録されている。

マイニング

トランザクションのデータを暗号化してバラバラに分解すること。

ブロックチェーンでは分解されたトランザクションを世界中のPCに分散して保存させるが、暗号化している上にバラバラなのでPCの持ち主には中身がわからない。

ガス代

トランザクションを実行してもらう際に支払う手数料。

スマートコントラクト

ブロックチェーン上の契約を自動的に処理する仕組み。

ある契約条件(*1)がそろった時に契約処理をする。

(*1)契約条件については本書籍に明記されていませんが、現実世界にも契約条件がある(契約書に署名し実印を押してと印鑑証明書を添えると契約成立)のでこれに近いと思われます。

プロトコル

スマートコントラクトを実行するソフトウェア。

プロトコルの実行を通してAが行われればBを行う、Bが行われればCを作動させる、といったルールが提供される。

トーク

暗号資産よりさらに広い概念。

通貨・会員証・投票券・株券などの役割を1つあるいは複数持たせることができる。

NFTもトークンの1形態。

スワップ

トークンを交換すること

NFT

デジタル作品(絵画やゲームアイテムなど)がどの所有者を示す証明書。

1つのNFTを複数のメンバーで共有することもできる。

転売しても利益の一部がNFT発行者に還付される。

DeFi(Decentralied Finance:分散型金融)

個人同士で暗号資産を含むトークンを交換できる取引所。

ローンもできて貸し側にも借り側にもなれるし、保険商品の取引もできる。

飽くまでも扱えるのは暗号資産のみで、一般的に法定通貨(円やドルなど)を扱うことはできない。

利用するにはDMM BitcoinGMOコインなどで暗号資産の購入が必要。

Uniswap

大手DeFiの一つ。

トークンを参加者から提供してもらい、提供者にインセンティブをつけている。

ウォレット

ブロックチェーン上の財布・口座。Metamaskが有名。

ユーザ操作であらゆるトークンの出し入れができる。

秘密鍵(デジタルな実印のようなもの)がなければ操作できず、逆に秘密鍵を奪われると全てのトークンが奪われる。

DAO(Decentralied Autonomous Organization:分散自立組織)

プラットフォームを提供・運営する世界中の不特定多数のメンバーで構成された組織。

Web2.0ではGoogleTwitterがプラットフォームを提供していたが、これを不特定多数のメンバーで提供できる。

ただし過渡期であるためDAOの定義は人によってバラバラで、上記は定義の一例。

ガバナンストーク

投票権のあるトークン。DAO内で使用できる。売買も可能。

おわりに

このシリーズでは、Web3とDAOについて解説した書籍「Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」」についてグッと要約してお話しました。

今回はWeb3の理解するとっかりとして、Web3とはなにか、Web3を理解する上で必要な用語についてお話しました。

次回はWeb3で実現できるより詳細なサービスの内容についてお話します。

【自宅療育できるかな?】数の教え方 ー 書籍「誤学習・未学習を防ぐ! 発達の気になる子の「できた! 」が増えるトレーニング」まとめ2

どーも!きちほーしです!

 

知的障害のある子が、将来の自立と社会参加できるためのトレーニング、それが療育です。

支援学校でも療育してもらえますが、家でも療育を心がけて生活するとよりよいですね。

逆にせっかく支援学校で療育してくれていても、家で誤った対応をすると「誤学習」にもつながります。

 

このシリーズでは、療育の書籍「誤学習・未学習を防ぐ! 発達の気になる子の「できた! 」が増えるトレーニング」についてギュギュギュッと要約してお話します。

これまでもグッと要約してお話してきましたが、さらにさらにギュギュギューーーッと要約しました。

何回かに分けてお話します。

 

今回は「数の教え方編」です。

 

 

教材は手作りが前提!

誤学習・未学習を防ぐ! 発達の気になる子の「できた! 」が増えるトレーニング」では、いくつか数字にまつわる療育が掲載されています。

ただそこで使用する教材は手作りを前提としています。

場合によっては厚紙を切って数百個の部品を作る必要があります。

 

これはなかなか大変ですよね。

一生懸命作ってもすぐに使わなくなる場合もあるでしょうから労力がもったいないですね。

 

誤学習・未学習を防ぐ! 発達の気になる子の「できた! 」が増えるトレーニング」からはそのポイントを学び、代替品を活用することをオススメします。

あるいは一生懸命作った教材を売りに出すことをオススメします。

詳しくは下部をご確認ください。

 

数字を教えよう!

数字カードを箱に入れていこう!

まずは1~10を覚えましょう

数字が書かれた箱に数字カードを置かせる方法があります。

1~10の箱に数字カードを入れる

 

シートに数字カードを置いていこう!

1~10を覚えたら、次は1~100です。

1~100の数字が書かれたシートに数字カードを置いていきます

1~100のシートに数字カードを置く

数の大きさを教えよう!

ブロックを並べることで数の大小を実感させましょう

桁を教えよう!

10個分のタイルを並べることで10の桁を実感させます

1~30の数字を理解させることで、カレンダーを理解しやすくなるようにしましょう。

長さを教えよう!

数字に合わせた数のタイルを一直線に並べさせることで長さを実感させましょう!

お金を教えよう!

まず1~100を覚えさせます。小さなタイルを並べることで実感させましょう。

次に各マスの上に数字に合わせた硬貨を置かせます

 

数字タイルの代替品


 

上のようなかずのブロックを小学校からもらっていないでしょうか?

きちほーし家にはコレがあったので、コレをつかって子どものキチノに数を教えました。

きちほーしはコレで1~20まで教えました

当初キチノは1~100の数字を知っていたし、一桁の足し算もできていました。

ただ、数字を知っているだけで、それが物の個数に対応していることは理解していませんでした。

桁も理解できていませんでした。

足し算も丸暗記しているだけで、物の個数が合わせていることを理解していませんでした。

 

きちほーしがコレを使って教えると、1~20の範囲ならいずれも理解できるようになりました。

数の大きさや長さはまだ教えていませんが、おそらくコレを使えば理解してくれるでしょう。

 

10個分のカードはまだ理解してくれない

かずのブロックの中身は20個のブロックと10個分のカードが10枚です。

一応1~120までは教えることができそうです。

ただキチノの場合10個分のカードが「ブロック10個に相当する」ということをいまだに理解してくれていません。

まだ教えている最中ですが、すぐに理解してくれない場合があることは考慮しておいたほうが良いです。

1~20を教えるだけでもかずのブロックを買う価値はある

上記のように、かずのブロックを買っても1~20までしか教えられないかもしれません。

ただ、きちほーし的にはそれだけでも買う価値はあると思っています。

1~20を教えるのにもかなり時間を要しますし、1~20が理解できれば1~100もスムーズに理解できると思うからです。

minne(ミンネ)で療育教材を売ったり買ったりしてみよう!

おそらくきちほーしが説明するまでもありませんが、minne(ミンネ)は国内最大のハンドメイドマーケットです。

「#療育」でキーワード検索するとハンドメイドの療育教材がたくさん出てきます。

ここで探せば自分がほしい療育教材が手に入るかもしれません。

逆に自分で作った療育教材をここで売るのもアリですね!

【知的障害支援できるかな?】「親なきあと」相談の実例集 -書籍「障害のある子が「親なきあと」にお金で困らない本」のご紹介11-

このシリーズではでは、障害者の経済事情について解説した書籍「障害のある子が「親なきあと」にお金で困らない本」についてグッと要約してお話します。

知的障害・発達障害のお子さんを持つ親御さんはぜひご参考ください。

この記事では、上記書籍の筆者がこれまで相談を受けてきた事例と提供してきたアドバイスをまとめます。

 

 

はじめに

どうも!きちほーしです!

きちほーしの子どもキチノは知的障害があります。キチノの将来がとても心配です。

これまで障害者の経済事情について解説した書籍「障害のある子が「親なきあと」にお金で困らない本」についていろいろ勉強してきました。

今回はこの本の筆者がこれまで相談を受けてきた事例と提供してきたアドバイスをまとめます。

具体例を踏まえることで「親なき後」に子どもが困らないために何をしたほうがいいのか、より深く理解できると思います。

 

なお、一部きちほーしが独自に調査して補足している場合もあります。

きちほーしが調査した部分についてはその旨記載します。

関連記事

知的障害者支援できるかな?】成年後見制度をカンタンにまとめてみた
成年後見制度の流れを説明した記事は多数ありますが、内容が詳細すぎて全体像がうまくつかめないことはありませんか?成年後見人とは何か?手続きの流れはどんなものか?この記事ではこれらのことを、よりわかりやすく簡潔にまとめています。成年後見人関連記

本記事の範囲: 第2部-第4章 ケーススタディ「親なきあと」のお金の問題

この記事では第2部の第4章「ケーススタディ「親なきあと」のお金の問題」について要約してお話します。

ケース1: 知的障害最重度・障害支援施設に入所・収入安定

  • 本人
    • 愛の手帳1度(知的障害 最重度)
    • 障害者支援施設に入所
    • 母 (76歳)。持ち家に一人暮らし
    • 姉。結婚して別の地域に住む
  • 経済面
    • 障害基礎年金1級
    • 施設利用料や食費を支払っても毎月2.8万円が残るよう補足給付される
    • 医療費無料

親なき後の課題: 相続などの手続き対策

  • 経済面
    • 特に問題なし
  • その他
    • 将来的に母親の持ち家の相続手続きなどの問題がある
    • 本人入院の場合は相応の実費がかかる

アドバイス

母親が元気なうちに持ち家の処分を決める

母親の存命中に売却して老人ホーム等に入るか、持ち家に住み続けるか事前に決めておいたほうが良いです。

母親が元気なうちに遺言を書いておく

持ち家に住み続ける場合は不動産の相続が発生しますし、売却する場合でも現金の相続が発生します。

そのため母親が元気なうちに遺言を書いておくことが望ましいです。

遺言には資産の配分や、持ち家が残るのなら持ち家を誰の名義にするのかなどを書いておきましょう。

母親が元気なうちに姉への頼み事も話しておく

相続手続きなど姉に頼んでおくべきことも事前に整理して話しておきましょう。

成年後見制度の検討もしておく

遠方に住む姉がケアすることは難しいため、成年後見制度の利用を検討しておきましょう。

もし親族ではなく第三者に依頼する場合は、専門職や社会福祉協議会に相談すると良いです。

法定後見・任意後見だけでなく日常生活自立支援事業も考慮にいれましょう。

入院保障のある生命(医療)保険の加入を検討しておく

障害者に限りませんが入院のリスクに備えて、生命(医療)保険の加入を検討しておきましょう。

 

ケース2: 知的障害中度・グループホームに入所・収入安定

  • 本人
  • 家族
    • 父 (75歳)、母 (72歳)。持ち家に居住。
    • 兄。結婚して別の地域に居住
  • 経済面
    • 障害基礎年金2級・地域の障害手当
    • 助成金の支給等で毎月1.5万円が手元に残る
    • 医療費は健常者と同じく3割負担

親なき後の課題: 親なき後の本人のケアが心配

  • 経済面
    • 特に問題なし
  • その他
    • 親なき後本人のケアをしてくれる人を確保

アドバイス

両親の健康状態が悪くなったら後見の準備を

準備を始めるタイミングは、両親どちらかの健康状態が悪くなって、相続の問題が迫った時でよいでしょう。

後見人の検討も必要です。兄の単独後見のケースもあれば、兄と専門職の複数後見のケースもあります。

入院保障のある生命(医療)保険の加入を検討しておく

ケース1と同様に、生命(医療)保険の加入を検討しておきましょう。

住むところがあればなんとかなる

障害者支援施設にしてもグループホームにしても、親なき後も本人の住居は確保されています。

日本の制度では障害者が生活費に困ることはありませんので、住居が確定していればなんとかなります。

ケース3: 知的障害重度・両親と自宅に同居・収入安定

  • 本人
    • 愛の手帳2度(知的障害 重度)
    • 両親と自宅に同居
  • 家族
    • 父 (59歳)、母 (59歳)
    • 分譲マンションに居住
  • 経済面
    • 障害基礎年金1級・地域の障害手当
    • 親同居のため本人の支出はほとんどない
    • 貯蓄あり

親なき後の課題: 漠然とした不安がある

  • その他
    • 貯蓄がどのくらい必要か、成年後見制度はどのタイミングで動けばよいか、親が漠然とした不安を抱える

アドバイス

「様子を見る」というのも有力な選択肢

家族全員が元気で、本人の生活が安定しているので当面はこのままで良いでしょう。

成年後見制度もあせって追い立てられるように進めないほうがいいです。

情報収集くらいで良いでしょう。

あせらず、あわてず待つことも必要です。

 

ケース4: 知的障害中度・一人暮らし・収入安定

  • 本人
    • 愛の手帳3度(知的障害 中度)
    • 賃貸アパートに一人暮らし
  • 家族
    • 父 (78歳)、母 (75歳)
    • 兄と弟がいる
  • 経済面
    • 障害基礎年金2級・地域の障害手当
    • 就労支援施設の月収14.5万円
    • 家賃・光熱水費・電話代など支出10万円
  • その他
    • 一人暮らしができるくらい、ある程度の生活能力はある
    • 父親に数千万円の資産があり、最近体調を崩しやすい

親なき後の課題: 資産の浪費や詐欺被害が心配

  • 経済面
    • 相続した資産の浪費や詐欺にあうことなどが心配

アドバイス

浪費対策に信託の活用を検討

まずは遺産の相続配分を明記した遺言書を作成しましょう。

浪費等の対策には信託の活用を検討するといいでしょう。

信託の仕方は2つの選択肢があります。

  • 遺言代用信託: 信頼できる身近な人を受託人とし、定期的にお金を給付してもらう
  • 特定贈与信託: 信託銀行と契約し、定期的にお金を給付してもらう

 

日常生活のサポートに日常生活自立支援事業の利用を検討

現在一人暮らしができるものの、将来的に判断力が低下する可能性もあります。

日常生活のサポートに日常生活自立支援事業の利用を検討しておきましょう。

 

ケース5: 精神障害2級・母親と同居・収入不安定

  • 本人
  • 家族
    • 母 (77歳)
    • きょうだいナシ
  • 経済面
    • 障害基礎年金 ナシ
    • 不定期のアルバイト収入 月収3万円
  • その他
    • 親同居のため本人の支出はほとんどない
    • 本人の病気が悪化したときは仕事・家事ができない
    • 以前会社に勤めていたが躁うつ病のため退職

親なき後の課題: 収入源が母親の年金のみ

  • 経済面
    • 収入を母親の年金に頼っているため、母親が入院などすると不安
  • その他
    • 今後母親の判断能力が衰えなおかつ本人の病気が悪化した場合は、トラブルがおきても対応しきれないおそれがある。

アドバイス

障害基礎年金の受給手続きを最優先に

精神障害者保健福祉手帳2級なので、障害基礎年金を受給できる可能性は高いです。

一番に受給手続きを進めましょう。

生活保護申請の準備を

生活保護は飽くまでも危機が目前に迫らないと対応してもらえません。

かといって危機が迫るまで何もしないわけにもいきません。

以下のような方法でいざという時に備えていろんな人達と絡んでおき、親がなくなった後に支援してもらえる準備をしておきましょう。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

最重度~中度の知的障害者、および精神障害者のケースについてお話しました。

筆者のアドバイスまとめ

上記の筆者のアドバイスをまとめるとこんな感じです。

  1. 定期収入の確保(年金・手当・信託など)
  2. 金銭管理の支援を用意(成年後見・日常生活自立支援事業など)
  3. 住居の確保 ー 住む場所さえあればなんとかなる!
  4. 入院リスクの対策(医療保険
  5. 困ったときの頼れる支援者を巻き込む(役所の福祉担当者・社会福祉協議会・施設の人・民生委員・近隣の人など)

感想

今回挙げた5つのケースの中では、最重度~中度の知的障害者よりも精神障害者の方が困窮していました。

知的障害者の方が困窮し易いと思っていただけに意外でした。

【知的障害者向け訪問介助】自立に向けた家探しのポイントとは? – 書籍「ズレてる支援!」1

いずれ知的障害者は親以外の介助を受けて生活することになるでしょう。

しかし知的障害者の介助とはどんな仕事なのかわからないため不安な親御さんもおられるかと思います。

このシリーズでは訪問介助の実態について書かれた書籍「ズレてる支援!」についてグッと要約してお話します。

この書籍の内容を理解することで、知的障害者の介助とはどんな仕事なのか?介助という仕事に問題点はないのか?を探りたいと思います。

今回は訪問介助の実例と、訪問介助を受けるための家を探すポイントについてお話します。

 

アイスブレイク

今週のお題「キャンプ」)

アイスブレイクではきちほーしのことをよく知ってもらうため、はてなブログの「今週のお題」をヒントに、本題と少し外れたお話をします。

今週のお題は「キャンプ」です。

 

キャンプは昔よくやっていましたが、その経験で思ったきちほーしの結論。

 

キャンプはダイエットに悪い!

 

なぜならキャンプのメインは食べることと寝ることだからです。

食って寝るのがメインなのに対し、運動らしい運動がほとんどありません。

 

キャンプ道具を背中にかついで山道を歩いてキャンプ場まで運ぶならかなりの運動量ですが、今の時代ほとんどの人が車一つなんじゃないでしょうか。

 

運動らしい運動といえば、家で車にキャンプ道具を積み込んで、キャンプ場で取り出して、テント組み立てたりして、ちょっと遊んで、テント片付けて、車に積み込んで、っていうくらいでしょう。

 

キャンプ系・車中泊系のYoutubeを見ても食って寝るだけのシーンがほとんどです。

 

キャンプ系・車中泊系のYoutuberに憧れはします。

ですが実際にやったら太るだけだな~と冷めたりもしています。

 

 

書籍概要

タイトル

ズレてる支援!――知的障害/自閉の人たちの自立生活と重度訪問介護の対象拡大

発売日

2015/11/5

著者

寺本 晃久, 岡部 耕典, 岩橋 誠治, 末永 弘

概要

「支援」は、〈そもそも〉〈最初から〉〈常に〉ズレている! 『良い支援?』刊行から7年。使わせてと訴えた「重度訪問介護」の対象拡大が実現する中、あらためて問われているものとは何か! 支援を使って、地域で自立した暮らしをしている人がいること。集団生活ではなく一対一の支援をモデルにすること……「支援」と「当事者」との間の圧倒的なズレに悩み惑いつつ、そのズレが照らし出す世界を必死に捉えようとする「身も蓋もない」支援の営みの今とこれから!

目次

まえがき ─── 寺本晃久

第一部 ズレてる支援

第1章 生活・支援の実際 ─── 寺本晃久

第2章 何を基準にして支援するか ─── 寺本晃久

第3章  亮佑の自立と自律 ─── 岡部耕典

第4章  ズレてる支援/おりあう支援 ─── 岩橋誠治

第5章  支援は常にズレている ─── 末永 弘

第二部  重度訪問介護の対象拡大と生活の実際

第6章  重度訪問介護という枠組み ─── 寺本晃久

第7章  東京の北多摩地域の事例から ─── 末永 弘

第8章  「重度訪問介護の対象拡大」の経緯とこれからのために ─── 岡部耕典

第三部 次につなげる

第9章  重度訪問介護の対象拡大を重度知的当事者の自立生活支援につなげるために ─── 岩橋誠治

第10章  パーソナルアシスタンスという〈良い支援〉 ─── 岡部耕典

第11章  将来の支援の担い手について ─── 末永 弘

あとがき ─── 寺本晃久

はじめに

どーも!きちほーしです!

きちほーしの子どもキチノは知的障害があります。

この子は親なき後誰かの介助を受けながら生きていくことになるでしょう。

 

でも介助の内容は具体的にどんなものなのでしょうか?

そこできちほーしが出会ったのは、訪問介助の実態について書かれた書籍「ズレてる支援!」です。

それまできちほーしは介助と言えばグループホームだとばかり思っていましたが、訪問介助という選択肢もあることを知りました。

 

知的障害者向けの訪問介助とはどんなサービスなのでしょうか?

そして介助という仕事に問題点はないのでしょうか?

 

このシリーズでは訪問介助の実態について書かれた書籍「ズレてる支援!」についてグッと要約してお話します。

今回は訪問介助の実例と、訪問介助を受けるための家を探すポイントについてお話します。

 

 

本記事の範囲

この記事では「まえがき」と「第1章 生活・支援の実際」の一部を要約してお話します。

訪問介助の実例 -二人体制で食事作りから着る服の選定まで-

この章では本書籍の「まえがき」で紹介されている訪問介助の一例についてまとめます。

訪問介助でどこまでしてくれるのか参考になります。

なお、介助者がやるべき業務と、介助者が親切でやってくれた作業の区別はしていません。

  • 概要
    • 障害者宅のアパートに訪問して介護する
    • 介助者は朝番と夜番の2人体制
    • 1回の介助時間は3時間/8時間/泊まり
  • 詳細
    • 障害者のリクエストを考慮して献立を決める
    • 食材や生活用品(水切りネットなど)などの買い物(障害者と一緒に行くことも)
    • 家計簿をつける(収支が合わない場合はカンタンに調査もする)
    • エアコンの設定
    • 明日の天気を考慮して着る服を勧める
  • 備考
    • 障害者が体調を崩したり機嫌が悪いときもある
      (会話ができないので原因もあまりわからない)

 

家探し

本書籍の「第1章 生活・支援の実際」では、訪問介助を受けつつ自立するためのポイントについて書かれています。

今回は「家探し」についてのお話です。

家探しのポイント

障害者が介助をうけつつ自立生活を送るためには、まず住む場所を確保しなければなりません。

ここでは家選びのポイントをお話します。

介助者が寝泊まりする場合はその部屋が必要

介助者が寝泊まりする場合はその部屋が必要です。

そのため一人暮らしであっても2K以上は必要になるでしょう。

(きちほーし追記)

書籍には書いてありませんが、当然介助者が通いやすい立地であることもポイントでしょう。

車いすを使う場合はバリアフリーが必要

当たり前ですが車いすを使う場合はバリアフリーが必要です。

公営住宅はそのような物件もあり、障害者世帯の入居の優先順位が上に来るような枠があります。

グループホームの近隣に住むという手もある

グループホームのサテライト利用という制度があります。

これは、近隣のアパートで一人暮らししつつグループホームの入居者としてサービスを受けられる制度です。

場合によっては一軒家を借りる必要も

障害者の中には足踏みなどの反復行動で日常的に大きな音を出してしまう人もいるでしょう。

これは近隣トラブルになりえます。

そのため一軒家や遮音性の高い物件を借りることも検討したほうが良いでしょう。

 

不動産業者や大家が後ろ向きな時の対策

知的障害者が家を借りるにあたって、不動産業者や大家が後ろ向きな場合があります。

後ろ向きな理由は以下の通りです。

  • 障害者が一人でいて危なくないか
  • 家賃がちゃんと払われるか

これらをクリアするための方法は以下の通りです。

  • 支援があること・年金や生活保護があることを丁寧に説明する
  • まずは家族や支援者の名義で借りて問題がないことを実感してもらう

 

モノの浪費対策

特定のモノへのこだわりが強い人がいます。

目に見えるところに置いておくと壊してしまったり浪費してしまう場合は、目につかないところに配置するという工夫が必要になります。

 

(参考)生活・支援の実際

障害者も健常者も支えられながら生きている

「第1章 生活・支援の実際」の冒頭で筆者は「障害者にばかりが介助されているわけじゃない。健常者も支えられながら生きているんだ。」という主旨のことを訴えています。

きちほーしも共感したのでここにピックアップします。

介助は自分らしい暮らしを送るために必要

障害者は介助者によって、衣食住や外出、排泄等の支援を受けます。

至れり尽くせりですが、障害者はこういった介助を受けることで仕事したり友人と遊ぶなど、自分らしい暮らしができるのです。

健常者だって「介助」を受けている

筆者いわく、健常者だって言うなれば介助を受けているのです。

誰かがバス・電車を運転しているから遠出できるし、悩み事があれば誰かに相談したりもします。

金銭管理も家族全員ではなく、誰か一人が請け負ってくれているはずです。

健常者もそうやって自分らしい暮らしを送っているのです。

介助がなければ障害者が生きる場は家か施設しかない

バス・電車など世の中のものは健常者を中心にデザインされています。

そのため障害者は健常者よりも多くの介助が必要です。

介助がなければ障害者は引きこもりになってしまい、生きる場は家か施設しかありません。

だから障害者には介助が必要なんですね。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

このシリーズでは訪問介助の実態について書かれた書籍「ズレてる支援!」についてグッと要約してお話しました。

まとめ

今回は訪問介助の実例と、訪問介助を受けるための家を探すポイントについてお話しました。

  • 訪問介助の実例
    • 二人体制で食事作りから着る服の選定までしてくれる
  • 訪問介助を受けるための家探しのポイント
    • 介助者が寝泊まりする場合はその部屋が必要
    • 車いすを使う場合はバリアフリーが必要
    • グループホームの近隣に住むという手もある
    • 場合によっては一軒家を借りる必要も
    • 不動産業者や大家が後ろ向きな時の対策も考える必要がある

感想

訪問介助はコストが大きそう

冒頭に挙げた訪問介助の実例は飽くまでも一例でしょうが、2人体制ということにまずびっくりしました。しかも泊まりの番がある。

かなり至れり尽くせりという印象で、同時にかなりのコストがかかるだろうなという印象です。

逆に言うと障害者はここまでの介助をしないと自立生活できないということなんでしょうね。

介助のコストは「訪問」と「施設」どっちが高い?

以前投稿した介護危機の記事では国や自治体は訪問介護を増やそうとしているということをお話しました。

 

それだけ施設にかかるコストは大きいということです。

なので知的障害者の介助も同様に訪問介助のほうがコストが小さいように思えますが、一人の障害者に2人の介助者がつくのであればわからなくなります。

グループホームのような少数の介助者で多数の要介助者を介助する体制のほうが人件費のコスパがよさそうですけどね。

でももしかしたら施設のコストは人件費を上回るくらい大きいかもしれませんね。要調査です。