MENU

ダンス教室開始!小皿で偏食改善! - 知的障害キチノ療育日記('24/05)1

子どもの教育は日進月歩!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

↑この記事がいいなと思ったらポチっと!

 

このシリーズでは、知的障害があるわが子キチノをより成長させるためにきちほーしが療育にトライする様子をお話します。

同じようにお子さんを療育したい親御さんのご参考になればと思います。

はじめに

 



2月末以来、知的障害あるわが子キチノの成長を実現させるために、キチノにあってほしい理想像を定めました。

そしてその理想像に近づけるための取り組みと成果を定期的に整理することにしました。

ここではこれまでの振り返りと、今後の方針についてまとめます。

 

キチノの現状と理想

キチノの現状と理想をまとめてみた

まずは以前の投稿でまとめた、キチノの現状と、私がこうあってほしいと思う理想をまとめると下表のようになります。

 

現状 理想
家でゴロゴロ (運動は発達にいいとのこと)
ダンスを趣味に!
◯朝・夕食は365日ずっと同じメニュー
◯学校では日替の給食を食べている
家での食事を親と同じにする
最初に会得したやり方をずーーーっと続ける 自分で目標を持って向上するマインドを持つ
一人が好き ◯段階を踏んで同年代の子とからむことに慣れる
◯まずは同年代の子に合わせて行動できるようになる
常に車で移動するため出かけ先の主導権を親が握ってしまっている 自分の意志で行きたいところへ行けるようになる
お金を理解できていない おつかいができるようになる
音声検索とタイピングはできる ネットの情報を活用して成長につなげられるようになってほしい

 

 

これまでやってきたことと今後の対策

運動で発達促進: ダンス教室に通い始めた!

ダンスで発達を促そう!

私のブログでは何度か触れていることですが、わが子キチノはダンスが大好き。

そして最近ダンス教室に通うことにしました。

「今日はダンスしに行くよ!」というとキチノは待ち遠しそうにしていました。

(ちなみにキチノは二語文程度しか会話ができません)

 

まだ入会したばかりなのでこれからどうなるかわかりませんが、見守っていきたいと思います。

偏食改善: 親と同じおかずを小皿で追加!

偏食を克服しよう!

以前までキチノの食事は365日同じメニューだったのですが、最近は親と同じおかずの小皿を1~2品追加しています。

そしていつものメニューの量をじわじわ減らしています。

 

キチノは食事をしながらYoutubeを見たりするのですが、追加した小皿を食べきればYoutubeを見てもいいよという風にしました。

するとキチノはまっさきに小皿を食べるようになりました。

 

本当は親が強制するのではなく、子どもが自発的に新しいおかずに手を伸ばすようにするのがいいと偏食の本に書いていましたが、流れでこうなってしまいました。

今のところうまくいっているので様子を見てみましょう。

向上マインドの育成: 動画見せるもうまくいかず…

憧れの人を見つけよう!

これについては当初トップダンサーの動画を見せて憧れるきっかけを作ろう、と考えていました。

そこでキチノと同年代の子のダンスや、大人のダンスの動画を見せてみたのですが、あまり反応がよろしくない。

なぜでしょう?

自閉症が原因?

キチノは知的障害があると同時に自閉症もあります。

そもそも他人に興味がないのかもしれません。

ChatGPTさんに聞いてもその可能性が高いものでした。

GPTさんの回答を抜粋するとこんな感じでした。

社会的興味の違い: 一部の自閉症の子供は、社会的な関心や他者に対する興味が少ないことがあります。そのため、他者をあこがれるという感情が生じにくいことがあります。

共感の難しさ: 自閉症の子供たちは、他人の感情や考えを理解するのが難しい場合があります。このため、他者に対するあこがれや尊敬といった感情が生じにくいことがあります。

興味の対象の違い: 自閉症の子供は、特定の興味や趣味に強く引かれることが多いです。これらの興味が人ではなく物や概念に向けられることが多いため、特定の人物をあこがれる機会が少ないかもしれません。

そういえば親自身も…

そういえばきちほーし自身も「他人に興味がないね」と言われたことがあります。

私も一人が好きだし、自閉症なんだろな~、遺伝してるんだろな~。

 

私の子どもの頃を振り返ってみます。

テレビで活躍するアイドルやスポーツ選手に憧れは全く持ちませんでした。

むしろ自分はあの人より劣っているんだとコンプレックスを感じていました。

もしかしたらキチノもそんな風に感じているのかもしれません。

親のやり方が子に使えるかも

もしかするときちほーし自身に合ったやり方がキチノにも使えるかもしれません。

 

例えばきちほーしはダイエットを頑張っています

その目標はゆるいもので、目標達成の期限は特に決めません、とにかく腹囲をメタボ以下にすることでした。

メタボ以下になった今はさらにゆるくなって、とりあえず筋肉量を増やすことを目標に頑張っています。

これも期限はないし、どのくらい増やすかも決めていません。

 

このくらいゆるい目標。

これを意識させると向上するマインドを持ってくれるかもしれません。

 

さしずめキチノに持たせる目標はこうかな?

同年代の子と一緒に行動できるように: ダンス教室に期待!

グループ行動ができるようになろう!

ダンス教室を探すうえで重視したのがグループ行動ができるかどうかでした。

そして最近通い始めたダンス教室は、通いやすいのですが、見学した時点で生徒さんの人数がかなり少なく、そのへんはあきらめていました。

 

ですが入会してみると驚くほど増えていました。

これは嬉しい誤算!

 

とは言えみんな入会したてだし、障害者ばかりだから先生の指示に従うのもままならない状態。

まだグループ行動を身につけるうんぬんの状態ではありません。

これからに期待!

(つづく)

 



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

↑この記事がいいなと思ったらポチっと!

おまけ

 



今週のお題「懐かしいもの」)

ここではきちほーしのことをよく知ってもらうため、はてなブログの「今週のお題」をヒントに、本題と少し外れたお話をします。

今週のお題は「懐かしいもの」です。

 

それは「パソコンでものを書いても気持ちが入らない!やっぱり紙に書かなきゃ!」なんて言っていたあの頃の自分です。

今はまったく真逆。

いまだに紙を使っている人を見て「なんでパソコンでやらへんの?」「なんやったら教えるで?」と思います。

 

どんな便利なものをおすすめしたとしても、人は自分が使い慣れたものを贔屓するんでしょうね~。